クウェートに留学すると就活にはどう影響があるのか

就活の面接

こんにちは!
クウェートのよしくんです。

 

「クウェート留学終わった後の新卒就活ってどうなりますか?」と聞かれることが多いので今回説明しようと思います!

 

大学4年生時から休学して留学しようと思うと、やっぱり就活には不安がありますよね。

ですが、個人的には全く問題ないと思っています。

 

クウェート留学というアドバンテージがやっぱり非常に大きいです。

そのあたりについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

クウェート留学は「語れる立場」になれる

クウェート

クウェート留学をすると、そもそも他の新卒就活生と差別化ができます。

 

例えば「学生時代に頑張ったこと」であれば、よくある回答だと、

・留学(英語圏)して英語の勉強、文化に触れた経験

・アルバイトでリーダーを務めた経験

・サークルで企画運営した経験

などなどが出てきますが、必ず他の就活生とかぶります。

 

英語圏の留学は今では普通ですし、アルバイトも普通です。

サークルだって大学生なら手を付けやすいです。

面接官も聞き飽きてると思うんですよね。

 

一方でクウェート留学の場合、経験はもちろんですが、かなり箔が付きます。

・アラビア語を勉強しに留学に行っている
なぜアラビア語を勉強しようと思ったのか気になる

・しかも年間5名しか行けない政府が全額出す奨学金
→クウェート政府が管理する留学に行っている
政府に認められた存在(?)

・他の就活生が行かない「中東」に行っている
なぜクウェートなのか、なぜ中東に行こうと思ったのか

 

同じリクルートスーツ着た就活生の中だと、話に関してはインパクトが大きいんですよね。

「この人は何を考えて生きているのか…」と、興味が湧いてくるわけです。

 

人はその人の生き方ポリシー血のにじむような努力お金を払ってでも聞きたいと思う生き物です。

自己啓発本がそれですよね。

 

だからこそ、興味のある話を語れる立場になれるクウェート留学は就活に強いです。

 

実際の留学生は就活どうだったか

ノリノリ面接官

実際に僕と同期の留学生は、4年生で留学から帰ってきたときには新卒採用を終了している企業が多かったですが採用終わっていても応募したら面接してくれたようです。

 

中東滞在を若いうちから経験している日本人はなかなかいないですし、とりあえず会ってみたいという気持ちもあるのだと思います。

あとは直接応募なら人材会社にお金取られることもないですしね。

 

ちなみに、僕自身は大学3年の秋に休学して留学しました。

3年秋から復帰して、就活は3月解禁前に大手に内定が決まって終わっていました。

 

クウェート留学では、やはり中東を知っているということ、実際にイスラーム教徒との交流があるという点で観光系の就活は間違いなく強いと思います。

あとは石油などのエネルギー系も強いですね。

 

まとめ

 

クウェート留学は貴重な機会ですが、面接官の人も「その貴重な経験談を聞いてみたい!」という気持ちがありますし、「どうして留学に至ったのかを聞きたい!」と思っています。

そういう意味で、自身をもって語れる話ができるので就活もうまく進めやすいということですね。

 

まずは留学選考合格して、その貴重な経験に踏み出していきたいですね!

ぜひ留学頑張ってみてくださいね!

 

クウェート留学相談も受けていますので、このブログの「お問い合わせ」、もしくは以下のリンクを参考にぜひ連絡ください!

アラビア語のオススメ勉強法はこちらからご覧ください。

関西ではアラビア語個別指導レッスンもしていますので、教わりながら勉強したい方はぜひお申込みくださいね!

本サイト「よしくんマディーナ」はwebサイトから記事作成までほぼ全てを自費・自力で制作しています。

もし「スタバ1杯くらい支援するよ!」って方がいらっしゃれば、本当に励みになります…

こちらで、ご支援受け付けております。

スタバ1杯支援者のイメージ

 

VALUもやっています!

 

読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク