中東・クウェート留学を見据えた日本でのアラビア語学習方法

2019年4月17日

アラビア語学習

こんにちは!
クウェートのよしくんです!

前回、クウェート留学選考に合格するためには、①志望動機②アラビア語力③英語の会話能力が大事だと伝えました。

 

今回は、前回詳しく説明できなかったアラビア語の勉強方法について書いていきます!

クウェート留学選考において、アラビア語をちゃんと勉強しているかどうかは「本当にちゃんと勉強してくれるかな?」と判断する重要な材料になります。

しっかり勉強して留学選考に臨んでいきましょう!

以下の順番で説明していきます!(クリックするとその地点に飛びます)

文章読解に関しては、クウェートに留学したら沢山やります。

他の留学でも同様だと思います。

 

そのため、留学前までの目標は①~④の、文章読解に向けた下準備です。

それでは順番に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

①アルファベットを覚える・書く

まずはアラビア語のアルファベットを覚えなくてはお話になりません!

「クウェート留学選考が電話面接なら、書けなくてもいいじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、クウェートに行ったらお話になりません。

アルファベット書けないと作文なんてできるわけない・文章読めるわけないので絶望的です。

留学の半年くらい無駄にするので、ちゃんと勉強していきましょう!

 

アルファベットは、まずは歌で全部覚えてしまうのがおススメです。

僕も最初は歌で覚えました(笑)

目安1週間で歌と単語を覚えましょう。

 

そのあと、もしくは並行して文字を書く練習をしていきましょう!

アラビア語と言えば、「ミミズ文字」みたいなものを思い出すと思います。

 

あれは、文字と文字がくっつくために、文字のカタチが変化しているからあのような一筆書きのようになっています。

そのため、英語で筆記体を覚えるように、アラビア語の接続するときのカタチも書いて覚えます!

↓こんな感じです↓

文字変化2
アラビア語独習コンテンツより引用

 

文字を書けるようになるためにオススメなのが、「読める書けるアラビア文字練習プリント」です!

この本を使えば、文字だけでなく基本単語も使って覚えられるので、一石二鳥です。

どのみち基本単語は覚えなくちゃですからね。

目安1~2週間でやり切ってマスターしちゃいましょう!

 

②文法をマスターする・文章暗記する

シャハーダ

文字をマスターしたら、文法を覚えていきましょう!

文法が分かるようになると、すこし難しめの会話での応答が出来るようになります。

また、クウェート留学中は文章読解もあるので、文法の知識は必須ですよね。

 

アラビア語の文法を勉強するのにオススメなのは「アラビア語表現とことんトレーニング」です!

左が解説、右が演習になっていて、理解してからすぐ実践できるので独学にちょうどいい教材です。

まさに文法演習のバイブルです!

 

全65課なので、目安1日1~2課ペースで、2か月でやり切ってマスターしましょう。

できれば、ノートに演習問題の文章を左側に日本語、右側にアラビア語と書き写してください。

それを使って日本語を見てアラビア語が書けるように、言えるようになれたらマスターです!

そこまで来たらもうアラビア語で会話ができるようになってきます。

 

③会話で使えるように作文する

ここまで来たら、クウェート留学への入口への扉は近いです!

「アラビア語表現とことんトレーニング」で文章を覚えたので、実際に自己紹介から自己表現の練習をしていきましょう。

以下の項目をまずはすぐに書けて、口にも出せるようになりましょう!

名前(イスミー~、の形)

国籍(ジンスィーヤティー~、の形)

出身地(アナ ミン~、の形)

住んでいる場所(アスクン フィー~、の形)

勉強していること(アドゥルス~、の形)

趣味(ヒワーヤティー~、の形)

好きなもの(ウヒッブ~、の形)

 

また、クウェート留学を目指される方は、電話面接でクウェート留学に関連する内容も聞かれる可能性があります。

そのため、クウェート留学に関することについて、もっと自己表現できるようになる必要があります。

詳しい内容に関しては、クウェート留学サポートの一環として、お会いした際や、サポートに応じてお伝えします!

クウェート留学サポートに関しては以下のリンクをご覧ください。

 

+α オススメアラビア語辞書

アラビア語学習

作文するにあたっては、必ずアラビア語辞書が必要になってきます。

文章読解する際にも辞書が必要になります。

また、クウェート留学される場合は、クウェートには良い辞書が売っていません!

あらかじめ日本で購入するようにしましょう!

僕もドバイの紀伊国屋まで行ってアラビア語辞書買うハメになりました…笑

 

アラビア語→日本語(or英語)辞典

アラビア語単語で分からないものが出てきた場合に使う辞書では、最初の一冊に「パスポート 初級アラビア語辞典」がオススメです。

というのも、この辞書なら英和辞典と同じように索引できます。

アラビア語→日本語の辞書で、分量も重要3000単語程度。

どれも初学者が知っておくべき単語で物凄く重宝します!

他の辞書だと、アラビア語特有の「語根索引」というのをしなくてはいけないので初学者には難しいです。

 

ただ、クウェート留学やアラビア語文章読解レベルになると、「語根索引」のできるアラビア語→英語辞書が必要になってきます。

文法をマスターしてきて、「語根」というものが分かるようになってきたら使い始めましょう!

例文も載っていて全世界で使われているアラ→英辞典が、通称「HANS WEHR」「Arabic English Dictionary of Modern Written Arabic」です。

 

この2冊があれば、単語が分からなくて困ることはほぼなくなります!

 

日本語→アラビア語辞典

「これってアラビア語でどうやって言うんだろう?」と作文では悩みますよね。

そういう時には、日本語→アラビア語の「パスポート日本語アラビア語辞典」が役立ちます!

僕もクウェート留学中、課題作文でお世話になりました…笑

作文に関しては、これ一冊でだいたいは事足りると思います!

 

④単語を覚える

単語に関しては、クウェート留学する人は現地でいくらでも知らない単語に出会います。

留学する人はそういう意味で不要かもしれませんが「独学でちゃんと勉強したい」という人もいるかと思います。

綺麗にまとまっていてオススメなのが、NHK出版の「これなら覚えられる! アラビア語単語帳」です!

この本の中には、英語で言う「助動詞表現」や、時間の言い方月の言い方などがまとまっていたりと何かと役立ちます!

約700単語程度なので、時間があればこれも全部覚えてしまっていいくらいです。

 

⑤文章読解をしていく

文章読解も、留学する人は現地で文章たくさん読むと思います。

しかし、日本に戻ってくると「勉強したいけど本あるのか…」となりがちです。

また、独学でやろうとする中級者の方も、本がなかなか見つからず苦労するかと思います。

僕の知っている限りで本の情報シェアしますね。

 

新しい表現方法覚えつつ、アラビア語文章を読みたいのであれば、「大学のアラビア語 表現実践」がオススメです!

手紙を書く時のルールなども載っていて、様々な側面から勉強できて面白いです!

 

「解答なくてもいいから、中級者向けの文章が読みたい!」という人には、「Standard Arabic: An Advanced Course (English Edition)」という本がオススメです!

だいぶ分厚い本なので持ち運びは不便ですが、沢山勉強したい人には良いと思います!

 

まだ僕は購入できていないのですが、大学教授の水谷周先生が最近新しく中級者向けのアラビア語本を出されました!

水谷先生は確か静岡県立大学のアラビア語、中東専門の先生だったと思います。

 

まとめ

わかった!

いかがでしたでしょうか?

これからアラビア語を勉強される方で、

「勉強の仕方が分からない!」

「アラビア語について分からないことがある!」

「クウェート留学に向けた勉強についてアドバイスほしい!」

などなど、なにか不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

クウェート留学相談も受けていますので、このブログの「お問い合わせ」、もしくは以下のリンクを参考にぜひ連絡ください!

VALUもやっています!

 

読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク