UAEとバーレーン – 中東における仮想通貨の覇権の行方

バーレーン

こんにちは!
クウェートのよしくんです!

最近、仮想通貨やブロックチェーンに関する中東のニュースが増えてきたように感じます!

前回はサウジアラビアがUAEとの銀行間取引で仮想通貨を扱うというニュースについて取り上げました。

 

そして上の記事の最後に「サウジサイドの国と言えばバーレーンもフィンテックに強い」と補足しました。

そのバーレーンも着実に仮想通貨導入に向けて前進していることが分かるニュースが出ました!

 

バーレーン中央銀行は規制案で仮想通貨受け入れ準備

バーレーン国旗

なんと、バーレーンの中央銀行が仮想通貨の規制案を発表したんですね!

 

これから仮想通貨を受け入れていく態勢を整えているように感じますね。

以前にも紹介しましたが、バーレーンではRain Financial社の取引所が、中央銀行のサンドボックスをクリアして2019年にオープン予定なんですね。

さらにその取引所は中東諸国の法定通貨を取り扱う可能性が高いので、注目に値します!

 

中東の仮想通貨旋風の先陣を切るUAEとバーレーン

ここまでバーレーンの話が多かったですが、UAEもブロックチェーン技術や仮想通貨導入に向けて加速し続けています!

なんとUAEエクスチェンジリップルネットを使ったアジア向けの国際送金を2019年に始めると発表しました!

 

UAEエクスチェンジは、2020年までに世界の送金市場におけるシェアを10%以上増やすことを目指すようです!

何よりも、出稼ぎ労働者としては安く国際送金できるのはありがたいですよね。

 

UAEおよびそのドバイの傾向としては、実需としての仮想通貨・ブロックチェーンの応用を目指していますよね。

サウジアラビアに関しても銀行間で使われる仮想通貨の開発でした。

ドバイ景色

 

一方で、バーレーンはブロックチェーンの導入ももちろんですが仮想通貨の取引自体に関して視点を向けているようにも感じますよね。

バーレーン

 

今回キモだと感じているのは、やはりどちらもサウジアラビアとの親交が深いことであると思います。

サウジアラビアが動き出すとなると、今後サウジサイドの国々が仮想通貨導入に向けて前向きに動き出すかもしれませんね。

 

早速、エジプトも少しですが動きが見られましたね。

 

サウジが本格的に動き出してきたら、中東諸国、特にサウジと仲の良い国は仮想通貨を見過ごすわけにはいかなくなってきます。

 

対立関係にあるカタールは今のところは動かなさそうですね…

クウェートも様子見だと思います。

 

イスラーム世界は、過去にオスマントルコ帝国の解体で資源を「持つ国」「持たざる国」に分かれてしまいました。

その解体されたことで起きた現在の中東パワーバランスに、仮想通貨はどのように影響してくるのでしょうか…!

これからが楽しみです!

 

以上になります!

 

クウェート留学相談も受けていますので、このブログの「お問い合わせ」、もしくは以下のリンクを参考にぜひ連絡ください!

VALUもやっています!

読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク