バーレーンの仮想通貨取引所からオイルマネーがやってくる!?

バーレーン

こんにちは!
クウェートのよしくんです!

前回はトルコの仮想通貨事情を確認しました。

その中で、「仮想通貨普及率が高く、送金システムなども流行るのでは?」ということを書きました。

そして、今回のテーマはバーレーンです!

実は、僕も以前まではノーマークでした…

しかし、結構大きなニュースが出ましたので紹介します!

 

バーレーンに中央銀行認可の仮想通貨取引所ができる!?

バーレーン国旗

実は、バーレーンに中央銀行認可の仮想通貨取引所が2019年には出る話が出ています。

Rain Financial社がサンドボックスでの1年間のテストを受けて、「認可待ちリスト」に入ったようですね。

中央銀行認可の取引所として「世界初」であったり、「中東初」とも言われたりしています。

ここでポイントとなるのは、現地通貨建て取引ができるかどうかです。

Rain Financial社は、クウェートやサウジアラビアなどの規制局と交渉し、現地中東通貨との取引を可能にする金融機関をパートナーとして獲得したようです。

そのため、こちらの取引所では中東諸国の法的通貨も扱う可能性が高いです。

中東からの仮想通貨入り口になると考えられます!

※「サンドボックス」とは、新事業に実験環境を与えてモニタリングしながらイノベーションの促進を行っていく施策です。

サウジアラビアとの関係がどう作用するか

バーレーンとサウジ

問題となるのは、バーレーンとサウジアラビアの関係がどう作用するのか分からないことです。

というのも、バーレーンは資金面でサウジアラビアに依存している側面があります。

JETROのレポートにも「バーレーンの成長は GCC(Gulf Cooperation Council/湾岸協力会議)、特にバーレーン
の 20 倍の経済規模を持つサウジアラビアからのファンディングに大きく依存している。」とあります。

政治的に見ても、カタールの国交断絶、イランとの国交断絶ともに、サウジアラビアと足並みをそろえています。

また、バーレーンは財政不安でサウジやクウェート、UAEからの支援も受けるようです。

 

サウジアラビアの「カショギ事件」がどう影響するか

サウジアラビアでは現在、トルコのサウジアラビア領事館での反サウジ記者、カショギ殺害事件で揺れ動いている状況です。

また後日詳しく書こうと思いますが、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子(MbS)の今後の行動次第では、サウジ政権の崩壊に繋がる可能性もあります。

サウジが崩壊したとき、バーレーンはどうなるのか、サウジのリヤルの価値がどうなるのか未知数です。

サウジのリヤルの価値が暴落すれば、仮想通貨市場にオイルマネーが流入するきっかけにもなります。

その入り口になるのが、Rain Financial社の取引所になる可能性は高いです。

バーレーンの政治・経済としては打撃となるはずです。

今後、サウジアラビア、MbSの動向は注視していく必要があります。

まとめ

今回は、バーレーンでのニュースを中心にどのような点に注目する必要があるか書きました!

・2019年にバーレーンで中東諸国の法定通貨建て取引きができる取引所ができるかもしれない

・法定通貨建て取引きで、今後オイルマネーが仮想通貨市場に流入する可能性が高い

サウジアラビアのカショギ事件が、バーレーン、仮想通貨市場に影響するかもしれない

これからもバーレーン、サウジアラビアの動向はチェックして報告しようと思います!

読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク