世界初のブロックチェーン都市!?ドバイが仮想通貨でイニシアチブを取る未来①

2018年11月6日

ドバイ景色

こんにちは!
クウェートのよしくんです!

前回までの2回にわたって、ドバイ発のICOで「イスラーム法に基づく仮想通貨取引所を作るぞ!」と活動しているADAB solutionsを紹介しました。

このように、ADAB solutionsのようなICOがUAE(特にドバイ)では動きが活発なのは間違いないです。

しかしそこは石油産油国、ICOなんてレベルじゃないんですね…笑

 

ドバイは「国ごとブロックチェーン都市にしてまえ!」と、ものすごい勢いで動いています!!

そんな、通常の3倍をも凌ぐスピードで動くUAEとドバイの仮想通貨、ブロックチェーン事情を見ていこうと思います!

 

2020年までにブロックチェーン都市を目指す

ドバイブロックチェーン戦略.

※画像はSmart Dubaiの、Dubai Blockchain Strategy PDFより。

ドバイは「ドバイブロックチェーン戦略」で、2020年までに完全なブロックチェーン都市化を目標としていることを発表しています。

ブロックチェーン技術を政府主体で導入することによって、時間や労力、資源を節約することを目指しているようですね。

口だけで言うのは簡単なのですが、実際に現在猛スピードでそれに向けた開発が行なわれています…!笑

例えば政府発行の仮想通貨emcashによるキャッシュレス化への未来はもう見えています!

 

官製仮想通貨「emCash」でキャッシュレス化の未来

去年2017年にドバイは法定仮想通貨として「emCash」を開発することを発表していました。

ただ、この時の情報ではどういう仮想通貨なのか、いつ出るのかなど、詳細が全く分からない状態でした。

その後今まで音沙汰ナシだったのですが、つい先日続報が出ました!

今回の続報で分かったのは、

emCashがAED(UAEディルハム)とのペッグ通貨であること

PundiXと提携し、決済端末「Pundi X POS」を普及させて日常支払いの決済を可能にしていく

ということでした。

現在emCashはテスト段階のようですし、来年には上場しそうです!

emCashは日常生活にもどんどん馴染んでいくと思いますので、キャッシュレス化が急速に進んでいくのではないかと思っています。

さらなる続報が欲しいですね!

 

政府内の決済にも…!全分野にブロックチェーン技術

ドバイ

ブロックチェーン技術の導入も着々と進んでいるようです。

車両のライフサイクル管理システムをブロックチェーンで導入しようとしたり…

観光業に特化したマーケットプレイス開発したり…

ブロックチェーン裁判所の開発を進めていたり…

また、政府内決済も現在はブロックチェーンベースになっています!

これによって、45日かかっていた政府機関内決済プロセスを大幅短縮できるようになります!

このように、自動車、観光、そして政府内の決済でさえブロックチェーン化を進めていっています。

今後ブロックチェーンの先進的な都市として、模倣される立場になっていくと思います。

まとめ

ここまでのドバイに関する動向をまとめると、

・マニフェストは「2020年までに完全なブロックチェーン都市化」

・AED(UAEディルハム)とのペッグ通貨「emCash」キャッシュレス化

全分野にブロックチェーン技術導入進行中!

ということになります!

ニュースを見ていても、たびたびドバイに関するニュースを見かけるので「着々と進んでいるなあ」と感じています!

着実に進化していく姿を見るのはほんとに面白いですし、調べ甲斐があります!

 

まだまだドバイに関してはニュースがあるので、続きは②に書こうと思います!

僕自身は、ドバイがブロックチェーン都市として先導が進むことで中東各国にその流れが波及していき、仮想通貨旋風が起きてくると考えています。

その流れで中東は仮想通貨の影響を受けてどういった未来が待っているのかも想像しながら書いていきたいと思います!

読んでくださりありがとうございました!

追記)②書きました!

スポンサーリンク